電力自由化について知っておこう|費用を抑えるコツ

工事業者を選ぶ基準

電気系統

施工実績を確認

電気工事は専門知識と技術を持っていなければ、大きな事故になってしまうことがあります。その事故は作業中の事故にとどまらず、電気設備を利用することによって自分に事故がおきることも考えられるため、電気設備工事店は慎重に選ばなければいけません。電気設備工事店を選ぶ上でのポイントについて、以下にまとめますので参考にしてください。まず豊富な施工実績があり、必要な資格を持った技術者が所属しているかどうかをホームページなどで確認するようにしてください。今の世の中は町の電気設備工事店であっても、ホームページを持っていることは当たり前です。施工実績だけでなく、工事別の件数を載せていることも多くなっています。また、技術者の資格取得に熱心な電気設備工事店は、技術力も確かなところが多くなっています。電気設備工事店と名乗っていても、施工は全て下請け業者に丸投げしている業者もあります。お客様から直接受注を取って、自社施工をする業者は責任意識を高くもっているため、確実な作業をしてもらえる確率が高くなっています。また、下請けに作業を依頼することになりますが、こちらの要望がうまく伝わっていなかったり、自社の利益を確保するため中間マージンの分だけ工事費用があがってしまいます。そのため、完全に自社で施工することを約束してくれる業者を選び、さらにアフターフォローや保証制度についても施工前にきっちりと説明してくれる業者を選ぶようにしましょう。